2歳の子連れ沖縄旅行記 2日目⑥リッツカールトン沖縄のデラックスルーム宿泊

2日目の宿は、念願の:リッツカールトン沖縄
美ら海水族館からは約45分位だけど、出る時間が18時頃になっちゃったから名護市内が帰宅ラッシュで渋滞してて、ゆみぞうも疲れや腹減りでグズって大変だった。19時過ぎにリッツカールトン沖縄着。

もう暗くなってしまったのでホテルの外観はよく見えなかったけど、開放的なロビーは茶色を基調としたシックな雰囲気で大人っぽい感じ。エントランスホールの奥には水辺がライトアップされていて幻想的。お出迎えのスタッフも、荷物や子供を気遣ってくれて気が利いていた。
チェックインを済ませたらゆみぞうがとにかく腹減りなので、部屋に行くより先に夕食へ。ホテル内には鉄板焼きとイタリアンとダイニングの3つのレストランがあり、子連れなので色々な料理が楽しめるダイニングの「グスク」を選んだ。大人だけなら鉄板焼きが食べたい・・・

ダイニング「グスク」には子供椅子も子供用食器もあり、メニューも沖縄料理はもちろん和洋色々豊富なので1歳以上なら食べられるものがあると思う。ゆみぞうは沖縄そばやジーマーミ豆腐、焼きえびを美味しそうに食べていた。

私と夫はもちろんオリオンビールで乾杯!

夫は泡盛も飲んでいた。琉球グラスの入っていて、これがまた美味しそう!私も飲みたいけど弱いので酔ったらいけないと我慢。鉄板焼きに行けない分、ちょっと高級な石垣牛ステーキを頼んだら、ジューシーで柔らかくて美味しかった。

お腹いっぱいになりゆみぞうの機嫌も治り、やっと部屋へ。我が家は1室料金約40,000円(当時)の「デラックスルーム」に宿泊。
広さ45㎡のツインベッドルームだ。

内装は濃い茶色が基調で大人カップルにピッタリな落ち着いた印象。間接照明が子連れには無駄にムーディー(笑)。シャワー室と浴槽は分かれていて、翌朝気付いたのだが浴槽からは緑(ホテル内のゴルフ場)と空と海が見渡せて、朝風呂なんかしたらとても気持ちいい。子供用のアメニティも用意してくれて、歯ブラシやコップだけでなくなんと子供用ビーチサンダルまでくれた!

2歳のゆみぞうにはまだ大きかったので履けなかったけっど、3歳位ならうまく履けると思う。

ゆみぞうはこの日もいつも通り21時半就寝。さすがにスケジュール詰め込みすぎでハードすぎたと反省。体調管理の為にもホテルでゆっくりする時間をもっと作らなきゃいけなかったな。寝かしつけの後、テラスでオリオンビールか泡盛を飲もうと思っていたけど、気づいたら寝落ち。こうして旅の2日目は、ビーチにキングタコスに道の駅に美ら海にリッツに、とイベント満載で疲れたけど満たされまくって終了した。

次回はリッツカールトン沖縄の屋外プールとプライベートビーチを満喫した話!

■リッツカールトン沖縄の予約はコチラから▽

ABOUTこの記事をかいた人

静岡県浜松市在住の35歳ワーキングママ。 コストコ浜松と子連れハワイ、子連れ沖縄旅行が大好き!! コストコ浜松には週1、ハワイは年1、沖縄は年2回は通ってます。経験した中でオススメ情報・便利グッズをお届けするブログ。